社員紹介

「裁量の大きさ」に

バイトも社員も関係ない。

それが、わたしの

ここで働き続ける理由。

 

大塚さん

川崎小田栄店 アルバイト

高校生のときにアルバイトとして入社。 ココスペシャリスト資格の調理・接客部門 で1級を取得。

 

 

 HP用_カウンター

 

 

~はじまりは、高校のバイト。~

ここで働き始めたのは高校生のとき。

調理に興味があったのと、家から近かったことが、ここを選んだ理由でした。

あの頃はバスケに夢中で、こんなに長く続けるなんて、考えてもみなかった。

 

それから高校を卒業して、

進路のことを悩んだ結果、まずはアルバイトを続けることにしました。

でも、今から考えると、あまり出来のいいバイトではなかった気がする。

時には遅刻もしたし、失敗もいっぱいした。

 そんな自分が変わってきたのは、

 厳しいときもあったけど、長い目で見てくれる 周りの先輩たちのおかげだと思う。

 

 

HP用_レトルトポーク

 

 

 

~任せてもらえる、それが嬉しくて。~

 実は、ここで働きながら、いつかはスポーツ療法士を目指そうって思っていました。

そのために、お金をためようって思ってたんです。

でも、続けていくうちに、少しずつ任せてもらえることが増えてきて。

発注やレジ締めなどの実務的なことはもちろん、

後輩たちの教育まで、私に任せてもらえるようになって。

本当にいろいろやらせてもらってる。

アルバイトっていう立場だけど、

こんなに裁量を持たせてくれる。本当に嬉しい限りです。

 

その中でも、私が今一番やりがいを感じていること、

それが「人を育てる」ということ。

自分で考えて、自分でアイデアを出す。

私がそうだったように、

メンバーにも「任せてもらっている」喜びを実感しながら、

成長してほしいなって思います。

 

~「大塚さん」という、ポジション。~

 長年、ここで勤めていて、

「社員さんなんですか?」って、よく質問されます。

そんなときは、いつも「いいえ、私は大塚というポジションです」と答えてます。

 

社員でもない、だからといってお店のこともきちんと任せてもらえている。

だからこそできることって、あると思うんですよね。

 

後輩の相談にのるのも、社員さんには言えないことだってあるじゃないですか。

そんなときは、間に立って話ができるし、

もちろん、会社側の考えていることだって、きちんと理解してもらいたいから、

メンバーの気持ちに寄り添いながら、社員さんの気持ちを代弁することもできる。

いろいろな人の中間に立って、お店を支えていける。

 

「大塚」というポジション。

自分にしかできないことなのかもしれない。

 そんな大役を任せてもらえてることが、本当にうれしいですね。

 

 

HP用_宅配バイク

 

 

 

~10年後の自分のために、今できること。~

 最初は、スポーツ療法士という目標があったけど、

この仕事をして、新しい夢もできたんです。

それは、自分のお店を持つこと。

料理はもともと好きで、

時間があるときは、家でも料理をしてるんです。

この仕事でも、最初は調理だけやれたら…なんて思ってたほど。

 

実際に、この仕事をしているうちに、

自分が作ったものがお客様に喜んで食べていただける「うれしさ」があって。

ますます、お店を持つことに興味が出てきたんです。

(まあ、その夢を先に母に叶えられてしまったのですが・笑)

 

お客様と接すること。仕事を通じて、誰かをしあわせにすること。

そして、誰かを育てていくこと。

スポーツ療法士になっても、お店を開いても、

ここライオンキングでの経験は、これからの人生に、絶対に役に立つ。

10年後の自分のために、今できることを全力でやらせてもらってます。

 今、ここで働かせてもらっていることに、すごく感謝しています。