社員紹介

Nisimaki
西牧修二さん 4月生
8月21日入社
STFF&マネージャー&仲介役いつも感じてるコト;みんなのおかげです
趣味特技;食べること(>_<)そして、「相談」されること

⑧テーブルrraa-thumb-360x270

僕の理想のお店のカタチ。
僕ひとりでは作れないから、この仕事は面白い。

東北から建築を学ぶために関東に出てきました。
 父は左官屋さん。子供のときに家を建てる現場に遊びに行ったり。                      
色んな技術、色んな個性の人が集まってひとつの家をつくる。
なんだか、いいなぁ。それがこどもの頃。原点。P1020111aa

大学を卒業して、建物の構造や強度を計算する事務所に入社。
毎日、データとにらめっこ。机に座ってデスクワーク。
毎日が問題なく過ぎ去っていったけど、何か物足りない日々。
 そこから、僕の自分探しがはじまりました。

 

【転機】

毎日同じ事務所で、同じ人と顔をつき合わせて。
特に不満はなかったけど、何か物足りない毎日でした。
そして、僕は会社を辞めました。
次のことは何も決めず、ただ、この場所から離れる必要があった気がしたから。
半年、ゆっくり仕事もせず。
その後、リゾートホテルのスタッフ、テレビをつくる工場の製造現場。
3年間、サボらず黙々と仕事をしました。
ある日、ラインの上司から言われた一言。
「リーダーにならないか。」
このまま、僕の人生はラインと同じように流れていくんだろうか。
そんな不安が胸をよぎりました。

 

【人と接する×飲食×ココイチ×lionking×自分】

工場のライン減少に乗じて?!会社を辞めた。
残ってくれっていわれたけど、何かが違った気がした。
これから何をしよう?!リゾートホテルのバイトを思い出した。
 直接、お客さんと接する日々、ダイレクトに「ありがとう」と言われる仕事。
 人とのコミュニケーションに、そんなに自信があったわけじゃない。
だけど、そんな風に、人に喜んでもらえる仕事っていいなぁと。
人と接する仕事っていいなと なんか素直になれた気がした。
飲食の仕事を探す中で出会ったのがライオンキング。
絶対に独立しようとは思っていなかった。

 

[絶対、面白いな]

新横浜で待ち合わせ。応対してくれたのは、すでに独立許可出ているK さん。
社長はとても元気で、当時、独立を控えた I   さんもいたりして。
何かを極めたいとか、何かを成し遂げたいと思って入社したわけでもないんです。
仕事も思ったより大変で、覚えることも沢山で。
 作業自体も慣れるまで苦手でした。
 n 3
だけど、気がついたんです。僕の原点。
 僕の心に残っている、子どもの頃の建築現場の風景。
 ああ、カタチは違っても僕は仲間と一緒に「理想のお店づくり」を求めているんだ。

みんなの「和」を大切にするようにし、
 一人ひとり、積極的にコミュニケーションをとること。
時には、スタッフ同士の仲介役までかうようになってきたら、みんなの
協力もハンパじゃなくなってきた(^^)
まわりから、「顔変わったね!」と言われるけど、ちょっぴり自信ついたかもしれません。
 
     
あなたの仕事の喜びはなんですか?って問われても、
今は、きっぱりとコタエを返せます。   です。

P1020502aan 6

IMG_0412aaIMG_2561_3aa